介護補助職プログラム 研修内容

研修内容1 入門的研修(4日間)
1日目:介護に関する基礎知識(介護保険制度の概要等)、介護の基本(介護予防等)、介護における安全確保(安全対策、心身の健康管理等)

2日目:基本的な介護の方法(尊厳の保持、QOL、自立支援、老化に伴う心と体の変化等)

3日目:認知症の理解(認知症の定義、取り巻く環境、心理行動の特徴、家族支援等)、基本的な介護の方法(コミュニケーション技術、生活支援のための知識と技術、実技)

4日目:障がいの理解(障害による生活上の障害や心理行動特性、関わり方、支援の基本)、基本的な介護の方法(法従事者のマナー、介護サービスにおける報告・連絡・相談)

研修内容2 職場体験研修(1~2日間)
実際の介護現場に行き、介護補助のお仕事を見学・体験していただきます。
見守り、話し相手、施設の共有部分や居室の清掃、食事介助の補助や配膳等、衣類の整理、リネン(シーツ交換)関係の洗濯、入浴介助の補助など、ご希望の時間帯に設定します。

対 象 者

介護の仕事の経験がない60歳以上の方(介護未経験高齢者)で介護補助職として就業を希望している方
募集人数300名の大募集!皆様のご参加をお待ちしています!